ひと言

★ カラオケのmp3ファイルは、上↑のタブの「karaoke」ページにあります ★

2017年3月15日水曜日

音楽制作ツール。

やあ。



近頃

ここ20年くらい、制作に使ってるツールって大して変わってないんじゃないの?

って思うとですよ。


シンセドラムなんて、90年代にRolandのTR-808/909が大流行した時に手に入れたサンプリングCDを、N.I.『Battery』にブッ込むスタイルで幾年月。

当時大定番だったBest Service『Dance Mega Drums』なんて化石みたいなライブラリも未だに使ってるし、生ドラム系の『Real Mega Drums』もたまに使ってる。どっちも高価ではなかったけど、制作費として経費で買ってもらった良い時代でした。


Roland "TR-808"
音楽学校の講師をしてた頃、機材庫の掃除中に発見して
別の講師とジャイケンして負けてもらえなかったのが悔やまれます。

てか、Batteryなんていつから使ってるのやら。
名前がまだBatteryじゃなくいフリーウェアだった頃から使ってる気が・・・AKAIのMPCが最前線で使われてた時代だったと思うから、相当昔だねえ。

Batteryの前身のフリーウェアは"LoopaZoid"ってVSTでした。
今でも配布されてるっぽい…?

ブレイクビーツ系のサンプルは、ほとんどが大昔(やっぱり90年代)に手に入れたサンプルか、自分でサンプリングしてPropellerhead『Recycle!』でぶった切って作ったもの。

Recycle!のREXファイルって便利なんよね。
今でもほとんどのサンプラーやDAWに直接読込ませられるし、ファイル自体簡単に作れるし。
あれほど一世を風靡したRecycle!なのに、最近トンと名前を聞かなくなったな。ファイル形式だけが残ってて、こりゃまるでAlesis adatみたいな末路なのか?

Recycle!といえば、『Hyperprism』は何処へ行ったんでしょ?


Propellerhead "Recycle!"
元祖ブレイクビーツ製造機。これを使ってないと馬鹿にされた時代もありました。

アナログ/デジタルシンセは、さすがにここ10年以内のソフト音源が多いけど、一番よく使ってるのって結局CubaseSX時代に付属してたWaldorf『a1』だし。

もはやコレを使いたいがために、未だにCubase5.5(32bit)からアップデートしてないくらいで。ライセンスの関係でバンドルされなくなって悲しかった。

Waldorf "a1"
今でも毎日のように使ってます

あとは、N.I.『Reaktor』『Absynth』『Massive』『FM8』くらい。
こいつらは優秀過ぎるくらい優秀な音源なので、永遠に使えそう。いや、使いたい。

フリーウェアだと、Clavia・Nord Leadをシミュレートした『Synth1』はたまに使ってる。

native instruments "Reaktor"
加算合成のシンセ音が欲しい時はコレ使います。
Squarepusherも愛用してるらしいですが、未だに使えこなせてません。

サンプラーは、AKAIのを手放してPC内部完結にして以来ずーっとN.I.『Kontakt』だけ。
GM音源(死語?)的にも使えるし、純粋にサンプラーとしても優秀で、万能。

native instruments "Kontakt"
これが無くなると、今の制作スタイルは成り立たないのです
プリセット音源も使える

純粋な総合音源だと、I.K.『SampleTank』、U.S.B『PlugSound』、それからCubaseのオマケだったSteinberg『Halion One』くらい。
前二つなんて遥か遥か昔、まだMacとDigital Performerで作ってた頃から使ってるので、目を瞑ってても音源呼び出せるくらいです。(嘘)

UltimateSoundBank "Plugsound"(画像はフリー版)
"Plugsound5"に入ってる「Strings Ensemble1」が秀逸。
拙作『深淵』のイントロの弦です。

楽器の個別音源は、ストリングスはN.I.『SessionStrings Pro』、金管はSampleModeling『The Trumpet』『The Trombone』、ピアノはBest Service『Galaxy Steinway』。

ここだけはちょっと新しい?それでももうかれこれ5年以上は使ってる。

SampleModeling "The Trumpet"
すごくリアル。でも打ち込みがすごく大変。

近頃の定番化されてる音源もひと通りチェックしましたが、なんか物足りんのです。
特にドラムスやストリングス系のライブラリはどんどん巨大化されていくけど、実際に使ってみるとプログラミング次第でどうとでもなるというか、ぶっちゃけ必要無いというか。

なんかこうね、創作意欲を駆り立ててくれるような斬新なツールが欲しいとですよ。
初めてRecycle!やReaktorを使った時の衝撃をもう一度味わいたい。

iZotopeの『Stutter Edit』はかなり面白かったけど、Reaktorでも『The Finger』を使えば似たようなこと出来るしなぁ。。

native instruments "The Finger"
スタッターはほとんどコレ使ってます。軽いし。

この頃の新しいツールって基本的に「〜出来ない人でも簡単に〜出来ますよ!」みたいな補助ツール的なのばかりじゃないですか?
ツールに頼り切るんじゃなくて、技術は身に付けておいた方がいいんじゃないかなー…なんて思います。だってツールが使えなくなったら手も足も出ないじゃないですか。それに使えた方がカッコいいし。


それと、全く新しい方式のシンセって、もしかして物理モデリング以来無いのかしら?
YAMAHAの茶色いモデリング音源は高過ぎて買えなかった(二種類あって、高い方は100万くらいしてたような…)けど、ちょっと欲しかったな。
でも、The Trumpet / Tromboneは一応モデリングなんじゃないんかな。

YAMAHA "VL-1"
ヤマハ最後の良心。素晴らしいシンセ。

生前マイルス・デイヴィスは「その時代の最新の楽器を使え」なんてこと言ってましたが、新しい楽器が出てこない時代に突入した今、どうすりゃいいんすかね?

あっ。肝心の『Vocaloid』を忘れてたな。



じゃ。

2017年3月13日月曜日

春がきた。

やほ。


日が少しずつ長くなり、三寒四温で暖かくなってきて、もうすぐ春ですね。





春で思い出すことは、寂しさ・不安と希望が入り交じった切ないことが多いけど、別れがあれば出会いがある。

そんな刹那な季節が大好きなのです。





不肖Chiquewaの作品は春をテーマにしたものが多いのも、そのせい。

例えば、


[ニコニコ動画]



これなんてドストレートな春の歌。
何度かご紹介してますが、「咲くやこの花」ってのは、ご存知の通り『古今和歌集』に収録されている王仁(わに)作の和歌で…

なにわづに さくやこのはな ふゆごもり いまははるべと さくやこのはな

という『難波津の歌(なにわづのうた)』から引用してます。意味は…

難波津に花が咲いたよ冬は去り、春が来たよと花が咲く

みたいな感じですかね。
競技カルタの序歌として詠まれる有名な和歌で、「咲くやこの花」って言葉は不肖Chiquewaが住む大阪ではあちこちで使われる馴染み深いフレーズだったりします。

ちなみに、歌詞の具体的なテーマは「閉鎖することになった工場の最後のお花見」。切ないしょ。。



それから、


[ニコニコ動画]



これもそう。モロに春をイメージする言葉も出てくるし。
「二人乗りの自転車」とか、こういう青春の一ページはやっぱり春でしょ!みたいな感じです。

ちなみに自転車の二人乗りは道路交通法違反で、一部条件を除いて3年間に2度の摘発を受けると安全講習の受講義務が発生するそうです。



ダイレクトに春を表現したものじゃなくても、春をイメージしてたるする曲も多くて、例えば


[PIAPRO]
feat.初音ミク ( http://piapro.jp/t/kFWD )
※ピアプロでブログパーツの単曲プレイヤーが無くなっちゃいました。上記URLから飛んでね。
クリプトンさん、ピアプロにしかアップロードしてない曲が多いので、とーっても困ります!!


海外用のタイトルが『First Love』=「初恋」の歌で、初恋ってと別に季節は問わないはずなのに、春をイメージしてしまう。。春に出逢いが多いからかしらん。



更にもっと間接的にイメージしてるのだと、

[ニコニコ動画]


これなんて歌詞に春関連の言葉は出てこないどころか、タイトルが『マロン』なので「秋じゃねえの?」と思われそうですが、サウンドメイクが春…というか、ピンクな感じ。


アレンジする時って、音を色でイメージするんですよね。

今回のアレンジは薄いピンク色」とか「青色をベースにして、この部分は赤を差し色にして」とか。
こうすると感覚として纏めやすいから、です。



あと、最近の曲だと、

[ニコニコ動画]


これも『マロン』と同じ原理。

サウンドメイク自体は「春色」って感じだけど、時期的にはもうちょっと遅い五月くらいなので、差し色に青を少し入れてますね。
イメージを五月にしたのは、ブリッジのコード進行が群青色っぽかったので。



いかがでしたでしょうか?

このオヤジは一体何を言ってんだ…??

なんて思わないでね。
感覚なんてものはパーソナルなもので、自分にしか分からなかったりするんです。


ちょっと脱線しましたが、不肖Chiquewaの春の曲、まだの方は是非聴いてみてくださし!


じゃ。

2017年3月7日火曜日

ヒ・ミ・ツ♡(生)。

やほ。


ボーパラ関西も終わって、また退屈な日常が戻ってきた矢先、

こんな動画が投稿されたとのご報告をいただきました。


[ニコニコ動画]




なんと、拙作『秘密』のバンド・エディション!


これまでも何度か「バンドで演奏するよー」というご報告をいただいたことはありましたが、ほとんどが首都圏でのライブで観に行けず、自作曲を実際に演奏されたのを聴くのは実はこれが初めて。(自分でライブ演奏をしたことはありましたが)

それも、難易度ランクC(当社比)の『秘密』を演奏しようとは・・・なんというチャレンジャー。


ちなみにオリジナルはコレ↓
(※ホントのオリジナルは初音ミクverで、ピアプロにのみ投稿してて歌詞も違います)



[ニコニコ動画]

 秘密 feat.巡音ルカ(アルバム 『I Love Music』 - 2009)



曲を作ってる時は、実際に演奏することなんて考えないじゃないですか?

なので、特にこの曲はギターとキーボード(エレピ)こそ自分で演奏してるものの、ドラム&ベースは打ち込みなので相当無茶をしたはずなのに、単にコピーしただけじゃなくそれぞれの解釈を加えて演奏されてて、恐れ入りました。

自分でもベースが何をやってるかよく分かってないし、ドラムも勢い任せに打ち込んだし、エレピのソロとギターでユニゾンしてるし、ほんとよく演奏できたなぁ・・・おじさん、たまげたぜ。

それから、ついついバンドに目がいきがちだけど、ソウルフルなボーカルもカッコ素晴らしい!


是非聴いてみてあげてください!



はくまゐさん(vo)、Mayerさん(gt)、nobnoisさん(ba,pg)、なもこさん(ds,pv)、BLUEさん(mix)、どうもありがとうございました!

次はFunk度150%のアゲアゲチューン『Odyssey』をリクエストしたいです(笑)



じゃね。